2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ツール・ド・東北2016 ④

応援してたら応援されてた

それがツール・ド・東北のキャッチフレーズ
やっぱり震災から5年の時を経ても完全に街が前のままに戻るのは困難で、
それでも一歩一歩進んでいる姿を私たちは目にしながら、
沿道の声援に勇気づけられまた応援したくなる。
A.S.で語り部さんがあの日の惨劇を直接語ってくれる声に耳を傾け、
改めてこの地域に寄り添えないかと思い起こします。
20160917_151324r
これからもあの悲劇からの出発に前を向いて進むあなたたちのことを応援し続けます!

ツール・ド・東北2016 ③

やっぱり自転車イベントの目玉は飯!メシ!めし!

最初A.S.(エイドステーション)女川駅では蒲鉾×2!
20160917_101530r
激坂登ってのA.S.ではクジラのステーキ弁当!!
20160917_134738r
最後のサンファンA.S.では海鮮串+バナナシェイク+ジュース
20160917_161839r_2
水しかないA.S.、トイレのみのA.S.もあったので散らしてくれたらうれしかったのですが、
美味しいものは疲れた脚を何度も蘇らせます!

ツール・ド・東北2016 ②

今回のツール・ド・東北はグループライドという参加者1組10名とサポートライダー最前最後尾計2名とで走るスタイル。

メリットは
・道に迷わない!(これ大事)
・そんなにスピードを上げないで走る設定(終盤はそこそこ早かったが...)
・同じグループの中の人ともコミュニケーションが取れる!
デメリットは
・走力が違う人も入るので「んあ〝あ〝っ」って思う事もある、詰まる・・・
・自分のペースで気持ちよく走りたい人には物足りない
って感じ。
でもこのサポートライダーが出来る人で、とてもコミュニケーション力高く、優しきライダー。
腰のバッグにはほら!
20160917_080431r
ツール・ド・さくらんぼの山岳賞キーホルダーがshine
石巻までさくらんぼはしっかり聞こえてます!
俺もしっかりアピールして走ってくるぞ( ´艸`)プププ

ツール・ド・東北2016 ①

早朝4:30寒河江発の予定が...

ある男の遅刻により想定外の遅出(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

20160917_061732r
さて、何とかスタートに立てましたが、初の100km走れるのか!?
20160917_075741r

ツール・ド・三陸2015 ③ ~ゴール編~

陸前高田といえば奇跡の一本松
そんなモニュメント前で完走証を持って記念撮影camera
一人いないのはご愛敬、とりあえず無事で良かった・・・
151011121114img_1312_r
天気だけは終始良くなかったのが残念ですが、設営の温かさと復興への想いが伝わってくるいい大会でした。
「応援するつもりが応援されてた」…ツール・ド・東北のキャッチコピーでありましたが本当にそんな気持ち。
まだまだ共に頑張れるね!
前向きな気持ちに、これまでよりもしっかりと成長して来年再び挑戦します!
その時はやっぱり晴れるといいね(*゚▽゚)ノ
151011122257img_1313_r_2

ツール・ド・三陸2015 ② ~大会編~

じゃじゃ馬CAAD10を買って初めての公式大会です。
151011065701img_1280_r


同じ東北の中で震災からの復興を進める陸前高田・大船渡市を舞台に4回目の開催となるこの大会は1200人の参加者を迎えるそうです。

やっぱりツール・ド・さくらんぼの運営側の目で見てしまいがちですが、それはそれ。

自分自身が楽しみたくて、乗る方の気持ちを味わいたくて登録したのですから、一応準備も手抜き無し!

残念ながら好天には恵まれませんでしたが、それでも沿道では多くの応援の方々がいらっしゃいます。
沿道のスタッフも皆さん意識が高く、参加者はとても気持ちよく走れました。
エイドステーションにてご一緒した応援団長・片山右京さん!
151011092854img_1298_r
トイレ待ちの片山さんと雑談しましたら、200km/月に走りこんで減量15kg・・・さすが100分の1秒も凌ぎを削る男は万全の準備で臨んでいるそうです。
「ツール・ド・さくらんぼ?あぁ、あの食べ放題の?」とどうやら話が大きくなって聞こえているみたいで・・・
モデルの日向涼子さんも似たような噂でさくらんぼをご存知でした。
噂って怖いですね(笑)・・・

ツール・ド・三陸2015 ① ~出発編~

夜中に寒河江インターに集まる青年たち・・・

この顔ぶれ、2014寒河江JCの理事長・専務・委員長と偏った面々らしい・・・
まぁ少数精鋭、行ってきましょう!
Img_1272_r
積んだ自転車は5台、盗まれたら被害額数知れず・・・

リベンジ葉山

昨年の9/28仲間に見放され独り参加した葉山ヒルクライム

周りを見りゃ小学生までもが立派なロードバイク乗ってる、何て場違いな所に・・・
言うまでもなく開始1kmと行かずに視界から全ての選手が消え孤独感と惨敗感の中ペダルを漕ぎました。
もう2・3km時点で既に心が折れてましたが、途中棄権しないのが私のつまらないプライド
今更泣いても始まらないので、自転車から降りないで漕ぎ続けた10km・・・さすがに遠かった
ゴールでは他の選手全てが待っててくれましたが、トップの選手の倍の時間掛かってます
その屈辱の65分という記録から一年・・・
自分には羽の生えたCAAD10があるじゃないか!と再挑戦をしてみる。
サイコンにて距離を見ながらとにかく踏む!踏む!!踏む!!!
昨年にはなかったビンディングペダルも付けてるので踏んだ後の引く力も意識しながら。
と登り切ること50分、見事記録更新!!
自転車屋さんのO泉さんの言う通りホントに15分縮んじゃいましたよ!
全力を出し切った後の青空、気持ちよかったなぁ。
12015210_857525090998308_4944236903

C🍒Cの仲間たち

C🍒Cというのは勝手に作った寒河江JCの自転車部(OB含む)

共通のサイクルウェアはいつ出来るかわかりませんが、細々とLINEで連絡を回しております。

この日は珍しくUndoさんが参加!

写真の様に慈恩寺の坂をヘロヘロになって登ってきました。
11953115_848470285237122_3261804052
この日は他にもI田さんとO野っちと過去最高の4人が参加!
でも雨に降られここで解散となりました...

友人たちと

独りで乗るのも嫌いじゃないのですが、私のFB見てご一緒しましょう!と急きょ3名に仲間が増えました。

O野っちとFたかクンです。

11836642_837483379669146_9119709386
昨年共に青年会議所で同期委員長を務め、自転車の購入も同期組になります(笑)
ウェアも自転車も被ってないのはそれぞれのキャラクターですから!
「やっぱ坂だよね〜」と大江町の日本一公園へ。
「慈恩寺いこーよ!」と臥龍橋〜慈恩寺方面へ。
11855721_837488849668599_2031787266
「喉乾いたね〜」と大富建設さんの作業場にてJCI Nothing But Nets自販機で休憩。
11817093_837488989668585_4512086916
途中家主より励ましの言葉をいただき、正味25kmの運動となりました。

«初ライド CAAD10